HOME » 知っておきたいコラーゲンゼリーの基礎知識 » コラーゲンゼリーの最新事情

コラーゲンゼリーの最新事情

ここではコラーゲンゼリーに関する最新動向をまとめてお伝えしています!昔は「不味い、高いけれど美肌のために…」という意識で摂られていましたが、現在は美味しく安く摂れる時代になりました!

フィッシュコラーゲンと豚コラーゲンの違いについても解説しています。

知って得する!コラーゲンゼリー最前線

最新情報1:味や成分がかなり改善されてきている!

コラーゲンといえば独特の風味で苦手な人も多いのですが、そこをカバーし誰でも食べられるようにしたのがゼリータイプ。最近ではゆず味、グレープフルーツ味、ラズベリー味、マンゴー味…などなど、デザートのような感覚で食べられる商品が続々登場!

美味しいのにカロリーオフも実現しています。

そして配合成分のコラーゲンを低分子化して吸収されやすくしたり、たっぷりの植物エキス、プラセンタ、酵素など美容に嬉しい成分が含まれているものも増えてきました。

これまでは「コラーゲンや美容成分はドリンクより少ないけど、美味しさ重視」だったゼリーですが、近年は「美味しいのにたっぷりの美容成分が摂れる!ドリンクに匹敵するレベルかも!」というものが増えてきたように思います。

最新情報2:1回100円程度でリーズナブル

最近人気になっている商品の平均値ですが、だいたい1食分あたり100円程度が相場になっています。粉末やパウダーよりは高いですが、ドリンクを飲むよりはかなりリーズナブルなので継続しやすいですね。

なぜ安くできるのか?というと、コラーゲンは元々プルプルとしたゼリー状なので、ゼリーに加工するのが簡単。保存するパウチ袋は瓶より安価ながら空気に触れず品質保持ができます。その結果美味しくてゴミも少なくて済むのですから嬉しいですね。

最新情報3:コラーゲンの由来成分の真実

サプリメントなどに配合されているコラーゲンは、主に「フィッシュコラーゲン」「豚コラーゲン」のどちらかが使われており、同じ「コラーゲン」ですがかなり異なった特徴を持っています。

  長所 短所
豚コラーゲン 人間のアミノ酸生成と近いため身体に馴染みやすい。
ヒドロキシプロリン※の量が多い。
溶解温度が高いため吸収が遅い。
人によっては獣臭さを感じる。
フィッシュ
コラーゲン
魚は体温が低いため、コラーゲンの溶解温度が低く吸収が早い。
動物由来より安全。
独特の魚臭がある。
ヒドロキシプロリンの量が少ない。

※ コラーゲン特有のアミノ酸で、表皮細胞や繊維芽細胞の増殖促進作用があるとされており美肌効果が高い成分です。

それぞれ長所と短所が対極になっているため、フィッシュコラーゲンを使った商品広告は豚コラーゲンを卑下し、その逆もしかり。

ですが、豚コラーゲンを使った商品は厳しい品質検査を実施し安全性には充分に配慮していますし、フィッシュコラーゲンだって100%安全か?といわれたらYESとはいえないものです(海洋汚染など)。

魚独特なニオイだって全く気にならないレベルに加工してあるものもありますし、ニオイがないといわれる豚だって臭いものは臭いです。

ヒドロキシプロリンの量だってそこまで効果を左右するものではなく、やはり効果を左右するのは「加工技術の差」である、というのが最新のコラーゲン研究の意見だそうです。

つまりは、由来よりコラーゲンが低分子化されているか、コラーゲンペプチドやトリペプチドであるのかがより重要ということなんですね。