HOME » そもそもコラーゲンとはどんな成分? » コラーゲンの効果を引き出す美肌成分

コラーゲンの効果を引き出す美肌成分

コラーゲンは様々な成分と力を合わせて肌のハリや体内組織を作り上げているため、サプリメントで単品摂取しても思ったような効果が出ない可能性も。

同じサプリでも複合タイプにする、ゼリー・ドリンクなど摂取方法を変更することで美肌効果が現れてきますよ。

コラーゲンには一緒に働く「仲間」が必要

コラーゲンは、様々な成分と協力することで様々な効果を発揮する物質です。単体で摂取しても効果はいまひとつ感じられないことが多いですから、摂取する際は自分が求めている効果が得られる成分と組み合わせるようにしましょう。

成分 コラーゲンとの相乗効果
プロリン アミノ酸の一種で、コラーゲンの主要構成成分でもあります。角質の保湿効果を高める、コラーゲンの合成を促進させる、関節痛を改善する、脂肪を燃焼させる効果も期待できます。
その他、数多くのアミノ酸がコラーゲンと相性が良くお肌・体内組織等に相乗効果を発揮してくれます。
レチノール ビタミンAの一種で、コラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞を活性化させます。その結果お肌のターンオーバーを促進、ハリを作り出す効果があります。
ビタミンC いわずと知れた美容成分。体内でコラーゲンを合成する際に必須なため、ビタミンCが欠乏するとコラーゲン生成量自体が減少してしまう。
プラセンタ 哺乳類の胎盤に含まれており、繊維芽細胞を活性化させて健康な肌作りをサポートします。摂取でも、塗布でも効果が期待できる成分です。
エラスチン コラーゲン同士をつなぎとめて支える役割。これがないと幾らコラーゲンを沢山摂取してもお肌への効果は期待できません。
ヒアルロン酸 お肌の水分量を保つ成分ですが、加齢によってキープが難しくなります。コラーゲンがヒアルロン酸を守ることで、お肌のツヤ・うるうる感が蘇ります。
グルコサミン 軟骨の再生保護をする成分。コラーゲンと一緒に摂ると吸収が早まったり、関節痛を抑える効果が高まります。

これらの成分を一緒に摂取するならば、サプリメントで別々に摂るのはかなり面倒。その点、1日に必要な量をバランスよくサポートしてくれる「ドリンク」や「ゼリー」などのタイプならば、ぐっと飲むだけで自然と相乗効果が生まれるのでオススメです。

絶品!人気コラーゲンゼリーの試食会レポートをチェック!

要注意!コラーゲンを邪魔する物質

中にはコラーゲンの効果を阻害してくる厄介な物質もあります。

  • 高脂肪:コラーゲンと相乗効果を及ぼす「ヒアルロン酸」の働きを弱めてしまい、お肌が水分をキープできなくなる。
  • 糖分:コラーゲンの働きを抑え、たんぱく質に変化させてしまいます!適度な量なら身体の必要なところで使われる成分なので、過剰摂取に気をつけましょう。

これらはコラーゲンだけでなく身体に悪影響を及ぼす可能性が高いので、日頃から摂取を控えるなどの工夫をすることで健康維持につながりますよ。