HOME » そもそもコラーゲンとはどんな成分? » 低分子コラーゲンはなぜいいの?

低分子コラーゲンはなぜいいの?

食事等から摂取したコラーゲンは一度アミノ酸に分解されてしまうため、お肌以外の場所で使われてしまう可能性大。

確実にお肌にハリ効果を生み出すためには、消化器官で分解されることなく届く「極めて小さなサイズ=低分子コラーゲン」になっていることが重要です。

どんなコラーゲンでもお肌に効果があるわけではない!

コラーゲンは豚足や牛スジなど、プルプルとした食感の肉類に多く含まれています。冬場は「お肌プルプル!コラーゲン鍋」が女性客から根強い支持を集めていますね。

その一方で、「コラーゲンを食べても美肌効果はない」という説もあります。これは何故なのでしょう?

実は、コラーゲンはアミノ酸からできている物質で、体内に入ると一度アミノ酸に分解されてしまいます。もちろん身体が必要とすれば再組成されお肌にハリを与えるコラーゲンとして活躍してくれますが、それを判断するのはあなたの脳ではなく身体なので、お肌に100%効果があるか?といえばそうではありません。

お肌は私達から見れば良く見えますが、身体内部からすれば末端部分ですから、効果が現れるのは遅くなる可能性があります。

特に上記のような「動物性コラーゲンそのもの」は、胃や腸で確実にアミノ酸レベルまで小さくされてしまい、コラーゲンとして働く保証はできないのです(もちろんアミノ酸も身体に必要なものではありますが…。)

そこで生まれた「低分子コラーゲン」

コラーゲンを体内で分解させることなく吸収させるために誕生したのが、通常のコラーゲンの1/1000ほどのサイズまで小さくした「低分子コラーゲン(コラーゲンペプチドとも呼ばれます)」。

身体が分解できないほど小さくすれば、そのまま吸収されコラーゲンとして活用されるだろう、という理論から誕生しました。

低分子コラーゲンも体内で「アミノ酸」「トリペプチドコラーゲン」という最小単位に分解されてから働きます。

ちなみにサイズ比は 「ゼラチン > コラーゲンペプチド(動物由来)> コラーゲンペプチド(魚由来)> 低分子コラーゲン > トリペプチドコラ-ゲン 」となりますので覚えておきましょう。

トリペプチドコラーゲン

こちらはアミノ酸が3個結合した物質。これ以上分解できずそのまま吸収され、再組成を待たずにコラーゲンとして体内で機能します。

もともとトリペプチドコラーゲンが多く配合されているものならば、体内で分解されて別の物質になってしまう心配もありません。純粋にコラーゲンとして活用されるため、お肌への効果もぐっと出やすくなります。

コラーゲンの効果を確実に感じたいのであれば、少なくとも「低分子コラーゲン」が採用されている、欲をいえばトリペプチド」が含まれているサプリメント・ゼリー・ドリンクを選んで摂取しましょう。

おいしくて効果の高いコラーゲンゼリーはこれ!