HOME » そもそもコラーゲンとはどんな成分? » コラーゲンの効果とは?

コラーゲンの効果とは?

コラーゲン=お肌がプルプル、というイメージが強いですが、実は私達の身体はコラーゲンに支えられているといっても過言ではなく、積極的に摂取すれば様々な嬉しい効果が期待できます。

ここでは、コラーゲン摂取による主な健康美容効果をご紹介しています。

コラーゲンは美容健康の万能成分!

コラーゲンは身体のいたるところに存在する物質であり、細胞同士をしっかりつなぎ合わせてお肌にハリ・弾力を持たせる役目を果たしますし、軟骨となり硬い骨のクッション的な役割にもなります。

そのほかにも血管の柔軟性を上げる、臓器をつくる材料になる…などなど、摂取すれば様々な美容効果・健康効果が期待できます。もう少し具体的に、効果についてみていきましょう。

美容効果について

お肌表面の弾力性を支える

表皮の水分をキープして潤ったお肌を保ち、ハリのあるなめらかな質感をキープします。生まれたての赤ちゃんのお肌があんなにみずみずしくて柔らかいのは、コラーゲンがたっぷり含まれているから。

しかし加齢と共に体内のコラーゲン生成量は減ってくるので、若々しいお肌のキープにはコラーゲンが必須、というわけなんです。

便秘解消効果

コラーゲンは腸の組織にも含まれており、減少すると腸自体の働きが衰えてしまいます。外側から摂取して腸にも充分なコラーゲンを与えることで、機能を正常化できるのです。

しかし、サプリメントなど高濃度で摂取すると体内の水分をコラーゲンが集めてしまい、腸が水分不足になって余計に便秘を引き起こすこともあるのでご注意ください。

育毛・美髪効果

コラーゲンは髪の毛をつくり出す役割も担っているのだそう。そのため、日々コンスタントに摂取していれば毛髪にも作用してきます。元気な髪を伸ばす、早く伸ばす、白髪を改善するなどの効果が期待できます。

また、男性の抜け毛解消・毛髪再生にも効果があるとのこと…!

ダイエット効果

コラーゲンの原料はアミノ酸であり、この中の「プロリン」には脂肪燃焼を促進する効果があります。また、新陳代謝を活発にして余計な水分、老廃物の蓄積を防ぐ効果もあります。

ただしそこまで優れた効果が期待できる、というものでもないのであしからず。ダイエット中のたんぱく質サポートとして利用するのは◎。

バストアップ効果

コラーゲンは肌のハリに影響を及ぼしますが、それは顔だけでなく全身に効果があります。なので、当然ですが摂取すれば胸のたるみも改善できます。

また、コラーゲンは骨や筋肉、皮膚を日々作っているため、バストをつくる効果も期待できるかもしれません。ただし効果には個人差があります。

絶品!人気コラーゲンゼリーの試食会レポートをチェック!

健康効果について

がん予防

コラーゲンは免疫力を高める役割もあるので、身体を健康に保ち、がんの再発を防止する効果も期待できます。ですが、実はまだ正確に解明されていないこともあるようなので、今後の医療研究に期待したいです。

関節痛の緩和

冒頭で書きましたが、コラーゲンは軟骨を作っている成分ですから、摂取することで磨り減った部分の再生・維持ができます。これにより骨と関節の位置・動きが正常に戻り、関節痛の緩和に繋がります。

グルコサミンやコンドロイチンなどと併せて摂るとより高い効果が期待できます。

爪割れを防ぐ

日常生活のちょっとしたことで爪が割れてしまう現象に悩む女性は意外と多いもの。原因は人それぞれですが、解消するにはたんぱく質でできているコラーゲン摂取が有効だとされています。

ただし、爪割れ程度ならわざわざコラーゲンではなくても良質なたんぱく質で効果がある、とのことです。

動脈硬化予防

コラーゲンは血管の主原料であり、摂取量によって弾力性が変わってきます。たっぷり摂取していればしなやかで血流もスムーズですが、不足していると動脈硬化が起きやすい硬い血管になるほか、血流が無理やり通過するため圧をかけます。そのため、高血圧になり、衝撃にも弱く切れやすくなります。

血管の老化は生活習慣病の大きな引き金になりますから、年齢を感じ出したらこまめな摂取を心がけましょう。

骨粗しょう症予防

骨をつくるのはカルシウムだけではありません。丈夫で強い骨をつくるためにはコラーゲンの存在が必要不可欠なのです。

骨粗しょう症は特に閉経後の女性、ステロイド剤を服用している方に生じやすいのですが、定期的なコラーゲン摂取により骨密度が改善した、という声も多々寄せられています。

このように、コラーゲンは身体の内面・外面問わず、ありとあらゆるところで健康美容効果を発揮してくれる優れた成分です。是非とも摂取を心がけて、いつまでも若々しくキレイで、健康な身体を保ちましょう!