HOME » そもそもコラーゲンとはどんな成分?

そもそもコラーゲンとはどんな成分?

お肌のハリにはコラーゲン!と言いますが、そもそもコラーゲンとはどんな成分で、どんな効果を持っているのでしょうか?

また、どんなコラーゲンでも食べればお肌に効果が出るのでしょうか?まずは美肌成分コラーゲンについての正しい知識を身につけましょう。

知らないと美肌になれない、コラーゲンの基本

まずは、コラーゲンが体内のどこにあるのかをご存知でしょうか?

美肌効果ばかりが知られていますが、実はお肌以外にも骨や内臓、血管など身体のいたるところに必要とされている成分なんですよ。お肌のハリや弾力を保ったり、骨や軟骨を作ったり、血管のしなやかさを保ったり、臓器を作ったり…とその働きはかなりの広範囲に渡っています。

私たちの身体はコラーゲンが無いと維持できない、と言っても過言ではありません。

コラーゲンの効果とは?くわしくチェック>>

では、コラーゲンをお肌に届けるにはどうしたら良いのでしょう?化粧品で塗布する方法もありますが、表面からお肌の内側にぐんぐん入り込めるようなコラーゲンはほぼ無いため、食品等で摂取するのが良いでしょう。

ですが、コラーゲンは体内で分解されアミノ酸になってしまいます。お肌のほうまで届けば再びコラーゲンに再生成して活用することもできますが、それは自分の意思で決められるものではありません。

ですが、とあるコラーゲンを選ぶことで分解を回避し、コラーゲンの組成を保ったまま吸収させることができます。

低分子コラーゲンはなぜいいの?くわしくチェック>>

もう一つ覚えておきたいポイントとして…コラーゲンだけでは力不足、ということ。コラーゲンは様々な成分と一緒に働くことで、身体の組織を作ったり、お肌を健康的にする効果を発揮しています。

そのため、コラーゲンを摂取する際は一緒に摂る成分にも気を配る必要があるのです。サプリメントをいくつも飲むのはとても大変ですから、ゼリーやドリンクなどバランスよく成分が摂れるタイプを選ぶのが賢い選択です。

コラーゲンの効果を引きだす美肌成分とは?くわしくチェック>>